コスプレイヤーの好きなことを好きなだけ

いちコスプレイヤーの頭の中

歯医者に行ったら全身麻酔をかけられた話

どうも!めちゃめちゃ虫歯ができやすい体質の綴喜明日香です!

どれくらいできやすいかと言いますと、3ヶ月放置するだけでひとつ虫歯ができるレベル。

毎食後に歯磨きは欠かさずしてますし、1回に5分はかけているにも関わらず!

まあ、「甘いものが好き」なんていう要因もありますが、主にはおそらく体質なんだろうなぁって勝手に思っています。

 

そんなわけで、小さい頃からめちゃめちゃ歯医者さんにお世話になっている私なんですが、先日初体験をしました。

 

歯医者で全身麻酔をかけられる!

 

びっくりしました。いやほんと。

経緯と詳細をせっかくなのでレポート的に書いていきます。

 

 

そもそものきっかけ

まあ、虫歯が見つかったことなんですけども。

そこに至るまでにも一応お話があるんです。

 

ふと最近、「奥歯が痛いな」と感じました。

左奥の方に冷たい飲み物が染みる。

咀嚼する時もたまに痛みが走る。

これは虫歯だろ、ということで、嫌々歯医者に行きました。

みなさん歯医者さん好きですか?嫌いですよね!私もです!

どっきどきしながら見てもらったところ、「そこは虫歯になってないよ」と。

え!?でも痛いよ!?と思ったら、原因はまさかの歯の食いしばり

私、ストレスが溜まるとギリギリっと歯をくいしばる癖があるんです。

このブログをしばしば読んでくださっている方はご存知だと思いますが、今のところ、『適応障害』という心の病気と戦っている最中です。

そんなわけで、心がこう、ナイーブになっておりまして。軽率にストレスがたまります。

そして無意識にギリギリ歯を食いしばってしまうんです。もう、歯を食いしばっていない状態がどんなだったか思い出せないくらい。

「歯を食い縛らないように意識してみて。ダメだったらマウスピース作るなりなんなり対処を考えていこう」と、とりあえずこれは原因が判明してひと段落。

 

しかし!ついでに口の中をチェックしてもらったら、なんと虫歯が3つもできていました。

右奥に2つ、左奥に1つ……

悲しいことに、通いつつ治療をすることになりました……。

 

 

笑気麻酔に至るまで

さて、1週間が経ちまして。

治療のために再び歯医者を訪れました。

前回「お薬手帳を持ってきてくださいね」と言われたので、きちんと持参して受け付けに渡し、待つこと数分。

名前を呼ばれて入っていくと、真剣な表情の先生。

 

「いつからてんかんのお薬飲んでる?」

 

ん?

てんかん????

 

私が心療内科で処方してもらったお薬の中で、そんなお薬があったようで。

てんかんの発作は持っていないはずなのですが、大事をとって「心に負担をかけない方法」で治療をしていこうという話になったようです。

確かに前にも増してお豆腐メンタルになったからこそ処方してもらったお薬の数々。

なら、歯医者の先生の指示に従おう……と診察台に乗りました。

 

そうしたら、あれよあれよと言う間に血圧計を付けられ、笑気麻酔の説明をされました。

笑気麻酔とは、全身麻酔のひとつ。

笑気を吸い込み、リラックスした状態にしていくものです。

「だんだん眠くなったり、心地よくなったりすると思いますが、そんなに心配いりませんよ」とにっこり笑う歯科衛生士のお姉さん。

いや、物々しくて怖いよ。

 

 

麻酔三重作戦

私普段、血圧がびっくりするほど低くて。余談ですが、朝起きるのがほんっとうに苦手なんです。

笑気麻酔を使用する時はきちんと血圧を図る必要があるみたいで、歯科衛生士さんが左腕に血圧計をつけてくれて、終始チェックをしてくれました。

そうしたらあまりに低くて、先生から2度見された上、「えっ、麻酔大丈夫かな!?いつもこれくらい低い!?」と聞かれちゃいました。いつもこれくらいですすいません……。

 

普段通りなら大丈夫だ、ということで、一応問題なくスタート。

鼻を覆うプラスチックのマスクのようなものをつけられ、プシューーという空気の音と一緒に送り込まれる笑気。

「ゆっくり鼻で呼吸してくださいね~」という優しい笑顔の歯科衛生士さんに、ちょっと不安になりつつ「はい」とよいこのお返事をして、待つこと10分ほど。

 

え、これ効いてきた……????

 

まっっっっったく変わりませんでした。

別に眠くもならないし、こう、リラックスした感じにもならない……。

あまりにおめめパッチリなので、「ちょっと変わってきたとかありませんか……?」と歯科衛生士さんに不安げに聞かれちゃいました。

まあ個人差があるらしいので、とりあえず時間通りに治療開始。

 

まず歯茎に貼るタイプの麻酔をつけます。歯茎を麻痺させて、注射針の痛みを緩和します。これは何度か経験がありました。

 

次に注射針で歯茎に麻酔を注射します。これも何度も経験しました。子供の歯の抜歯のときとか。

 

これで、笑気麻酔、貼る麻酔、注射麻酔の三重体制完成!!

 

めちゃめちゃ気を使われてるな????と思わず笑いそうになりました。

 

 

治療完了

治療自体はあっという間でした。

さすが20年以上お世話になっている先生。プロの技。

きゅいーーーーんと削って、がっと詰めて、またきゅいーーーーんと整えて、完成(語彙力)

ここまでおそらく20分かかりませんでした。

 

治療が終わってから、笑気がだんだんと酸素に切り替わり、マスクを外してもらって、意外とあっさり解放。

 

そんなこんなで私の初の全身麻酔が終わったのでした。

 

 

おわりに

今回私はこんなに大げさなことになりましたが、初期の虫歯なら麻酔もせずにあっさり削って詰め物をして終わります。

どうかみなさん、定期検診を受けてください。

酷いと神経まで引っこ抜く大惨事になります…。

気づかないままに虫歯は発生して進行します。

 

コスプレしたときに偽物の歯とか嫌ですよね!!!多分滅多に見えませんけど!!!

と、言うわけで、歯医者さんきちんと行ってくださいね。

 

それでは私はまた来週、最後の虫歯治療頑張ってきます。