コスプレイヤーの好きなことを好きなだけ

いちコスプレイヤーの頭の中

ゴッホ展~ゴッホと印象派の画家たちに触れる

f:id:asukatuduki:20191204182441j:image

どうも!芸術をインプットしたいお年頃、綴喜明日香です!

 

先日、吉田ユニさんの写真展に行ったお話をしました。

 

芸術に触れ、自分の引き出しを増やし、心のセンサーを敏感にさせることの素晴らしさを噛み締めてしまった私。

友人にゴッホ展に誘われた時も、二つ返事でOKしました。

 

本日はその時のお話をば。

 

 

ゴッホとは

本名は、フィンセント・ファン・ゴッホ

20世紀に活躍した、オランダのポスト印象派の画家です。

『ひまわり』があまりにも有名ですよね。

鮮やかな色彩や大胆なタッチが特徴的です。

 

 

当日のレポート

鑑賞前のイメージ

正直に言って、『ひまわり』のイメージしか無かったです……。

 

だって『ひまわり』ってもう「ゴッホの『ひまわり』」っていう作品名みたいなもんじゃないですか!知名度ずば抜けている!!

加えてロンドンのナショナル・ギャラリーで実物を見まして。

そのインパクトが強くてもう刷り込まれちゃったんですよね。

ナショナル・ギャラリーって他にも山ほど芸術作品があるので、一人一人の背景まで追えなくて、「ゴッホの『ひまわり』みた!なんか凄かった!」で思考停止しました……なんてもったいないことしたんだ過去の私。

 

と、いうわけで、当日の展示に関しての私の前知識はほぼ0だったと言っていいでしょう。

 

 

展示室の様子

上野の森美術館って、もちろん上野の公園内にあるんですが、国立美術館とは違ってうんとコンパクト。

以前「進撃の巨人展」で行ったことがあったので、「ゴッホ展」なんてちょっとお固い展示もするのね~なんて考えてました。

いや普通に考えて「進撃の巨人展」の方がイレギュラーなんでしょうけども!

 

当日は雨が降っておりました。そしてとっても寒い日でした……。

にも関わらず、観覧者は大勢!ご年配の方が多い印象。平日の昼間だったからかな?

作品を濡らすわけにはいかないので、折り畳み傘はきちんとカバンに閉まっていざ潜入。

 

展示内容はゴッホ作品のみならず、ゴッホが影響を受けた画家たちの作品も多く、加えてゴッホの生い立ちや、彼が生前親しい人間にしたためた手紙の内容などもありました。

 

オーディオガイドが入口にあり、それを利用している方が多かったです。

 

人気な作品の前には人だかりができていて、近づいてみるのはなかなか難しかったのですが、やはり実物は違いますね!遠目でも臨場感がありました!

 

作品数はなかなか多く、じっくり見て回ると1時間以上かかるかな?といった感じです。

場所は狭くても内容たっぷり!飽きません。

むしろ夢中になりすぎて足が疲れるかも……。

 

 

鑑賞からの学び

とにかく、ゴッホは努力の人ということがわかりました。

特別芸術に造詣が深い訳では無いので、月並みになってしまうのですが……。

 

27歳で画家を志し(私とそんなに変わらない…!)、人の作風を真似することで自分の作風を模索し、晩年になって作風を確立させていく…。

デッサンの量が半端なく、とにかく描いて描いて描きまくっていたよう。

絵から熱量が伝わってきました。

 

結局ゴッホの作品は、生前はなかなか売れず、亡くなってから評価されたとか。

 

努力は報われる。されど本人は知らず。

なかなかに世知辛い世の中。

 

 

感想

とにもかくにも行ってよかったです!

 

なかなかこういった芸術に触れる機会って、作らないと無いと思うんです。

それこそ学生の頃は授業なんかで行ったりしましたが。

 

メイクアップアーティストとして、コスプレイヤーとして、一人の表現者として、もっともっとたくさんの作品に触れ、先人達の技術に触れ、世界を広げていきたいもんだ!と改めて感じました!

 

私もデッサンめっちゃ頑張ろ!!!

 

 

ゴッホ展はまだまだやっております!

公式HPはこちら。

上野の森美術館 - 展示のご案内 - ゴッホ展

 

ぜひともこの機会に芸術に、そして、ゴッホという一人の画家の人生に触れてみてください!

 

新人は先輩にお正月休みを譲るべきか否か

どうも!新人時代にメンタルやられてぶっ壊れたが故に退職した元営業、綴喜明日香です!

 

今日なんとなーくTwitterを眺めていたら、こんなツイートが流れてきたので、言及したいなぁと思って取り上げました。

 

今年入ってきた新人「12/30」「12/31 」「1/1」に休み希望を書いている

別に休み希望書く事は駄目じゃない

でも、先輩達は配偶者がいて子供がいて、家と家との繋がりもあって…

社会人としてとかではなく…んーなんて言ったらいいかわかんない!!けど、先輩達の生活環境を考えて一歩下がって欲しい

ぴもさん on Twitter: "今年入ってきた新人「12/30」「12/31 」「1/1」に休み希望を書いている 別に休み希望書く事は駄目じゃない でも、先輩達は配偶者がいて子供がいて、家と家との繋がりもあって… 社会人としてとかではなく…んーなんて言ったらいいかわかんない!!けど、先輩達の生活環境を考えて一歩下がって欲しい"

 

ツイ主さんは看護師さん。

看護といえば、年中無休、人の生き死にに関わる大変なお仕事です……。

そんな仕事ができるのめちゃくちゃ尊敬します。

 

さて、今回このツイートについて、よかったら私の意見聞いてください。

 

 

新人は先輩にお正月休みを譲るべきか否か

 

私の意見としては、

別に譲る必要ないと思う。

 

そう考える理由をつらつら書いていきます。

 

 

ツイート内容の背景

 

ツイ主さんのツイートやプロフィールを見るに、該当の先輩Aさんはご結婚されており、お子さんがいるご様子。

後輩Bさんは独身で実家ぐらし。

今回はそのAさん、Bさんお二人がお正月休みを申請したことに端を発したようです。

 

普段の勤務内容は、先輩Aさんは定時後も残業あり。

新人Bさんは定時上がり。

なかなか普段家族との時間を撮ることが出来ないAさんを思ってしたツイートだったそう。

 

「職場で言うつもりはないけど、なんかモヤモヤする!」

そのモヤモヤをTwitterに吐き出した形なんでしょう。

 

ただその書き方が、「職場の先輩vs新人」のような二項対立になってしまったがために、ここまで話題になってしまったのかと……。

 

「(新人Bさんには)一歩下がって欲しい」という内容も、「新人Bさんは休みを先輩Aさんに譲るべき!」という主張のように見えました。

 

 

「休みを譲る必要は無い」理由

 

法律的問題と精神的問題

誰しも休む権利があります。

法律や会社、はたまた病院内で決まっていることでしょう。

「正月休みを申請する」権利は、先輩Aさんも新人Bさんも同様に持っています。

 

なので、今回新人Bさんがお休みを申請したことに、法律的問題は全くありません。

 

ただ、おそらくツイ主さんが言いたいのはそういった「法律的問題」ではなく、「精神的問題」のことでしょう。

 

先輩の家の内情を理解した上、「休ませてあげたい……!」と思うツイ主さんの気持ちはとても優しく、貴重なものだと思います。

 

ただ、その気持ちを他人に押し付けてしまうのはエゴです。

 

ツイ主さんは、おそらく先輩Aさんとも親しく、お子さんのことまで想像が及ぶくらい仲が良いのでしょう。

しかし、そのAさんの事情を後輩Bさんは知っているでしょうか?

知らないことを慮るのはとても難しいことです。新人ならなおのこと。

 

そして、そういった精神的問題、いわゆる「空気を読む」ことは法などでは全く規制されていない個人の自由なんですよね。

 

 

休みを調整するのは別の人の仕事

シフト管理は上司や、この場合婦長のお仕事です。

組織の一構成員でしかないツイ主さんやAさん、Bさんが考えるお仕事ではありません。

最終決定件は上の人に委ねられます。

「空気を読む、読まない」ではなく、ロジカルに「必要な人間を組み込む」というだけの話です。

 

技術的におそらく新人Bさんは先輩Aさんの代わりにはなり得ないでしょう。

そのことから、Bさんがお休み希望を出さなかったところで、Aさんがお休みをとれるかどうかはわかりません。

 

Aさん、Bさん、そしてツイ主さんがやきもきする問題ではありません。

 

 

以上の理由から、私は「休みを譲る必要は無い」と考えます。

 

 

蛇足:私がぶっ壊れた理由

 

正直、空気を読みすぎました。

 

当時OJTの先輩とくっついて、ほぼセットで営業をしていました。

当時の私の目標は、「バリバリ働けるキャリアウーマン!」。

 

先輩から言われたことは全て吸収する!二三歩先のことまで考える!決して迷惑はかけない!

 

そんなことを日々考え、行動していた結果、残業も断れない、接待も断れない、とにかく帰れない休めない、という地獄のような状況に。

 

当時の状況はこちらの記事に詳しく書いていたりするので、興味があったら見てみてください。

イージーモード新人営業マンが適応障害になった話 - コスプレイヤーの好きなことを好きなだけ

 

私のメンタルが豆腐だった……というのも確かなのですが、まぁとにかく自己主張ができなかった……。

その結果が適応障害からの退職ルートなので、今回の件に関しては「私には休む権利がある」とばかりに正月休みを申請した新人Bさんのメンタルの強さというか、タフネスに感服します。

 

おそらく新人Bさん、大物ですよ。

 

このメンタルのまま強く生き抜いてほしい……と正直思ってしまいます。

今の世の中、必ずしも空気を読める人が成功するわけではありません。

「自分はこう思う」

「自分はこうしたい」

そういう自己主張をきっぱりはっきりする力が必要だと個人的には考えています。

 

まあほぼ病院のカウンセラーの先生の受け売りなんですけど!!!!!

 

 

と、こんなところで私の話はおしまいです。

よかったら一意見としてさらーっと流していただければ幸いです。

 

 

「Dinarog」吉田ユニ展に行ってきた

f:id:asukatuduki:20191202220719j:image

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

先日、12月1日までラフォーレ原宿で行われていた、吉田ユニさんの作品展「Dinarog」に行ってきました。

実は展示が最高すぎて、2回も行ってしまいました……入場無料だしラフォーレ原宿だし……すぐ行けちゃう……。

 

ラフォーレ原宿といえば、原宿にあるファッションの最先端!

女の子の可愛いが詰まった素敵なお店です。

普段からそこでお買い物するのが最高に好きなのですが、たまたま原宿に行った時に最上階で展示をやっていることに気が付き、友達と二人で行ってみたんです。

 

そうしたらなんとこれが最高でした!!!

会場内写真撮影OKだったので、チラ見せします。

 

f:id:asukatuduki:20191202221002j:image

まず目に飛び込んでくるのがこちらの作品。

髪からテーブルの上のフルーツ、テーブルまで見事に斜めに裁断されています。

なんとこれ、加工じゃないんです。

リアルでテーブルを切って作成していると言うんだから驚き……!!

 

f:id:asukatuduki:20191202221220j:image

こちらはみなさんも一度見たことがあるのでは?

shu uemuraのポスター。

モデルはあの渡辺直美

体のパーツを唇に見立てた独特の世界観が特徴的です。

 

f:id:asukatuduki:20191202221350j:image

こちらは、階段の高低差や廊下の奥行きをクリスマスツリーに見立てた作品。

なかなかこんな発想できないですよね!?

 

今回の展示のすごいところは、吉田さんが作品を作り出す工程を全て展示しているところ。

f:id:asukatuduki:20191202221531j:image
f:id:asukatuduki:20191202221536j:image

撮影に使用した小道具はもちろん、撮影するにあたり、吉田さんが用意した絵コンテ、作成していく過程の動画までガラスケースに並べてありました。

デザイナーの頭の中まで覗けちゃうのに無料とかどういうことなの!!!???

 

いちコスプレイヤーとして常に表現する人間でありたいと思っているのですが、今回の展示はとても勉強になりました。

周りをどうやって見ていくか。

世界をどう表現するのか。

そしてそれをどう形にしていくのか。

とてもいいインプットの機会になりました。

 

次は私がアウトプットする番……。

素敵な作品を作っていきたいと思います!

本丸併せのために静岡まで遠征してきた

どうも!お久しぶりです!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です。

 

本日はただの日記です。

 

つい先日、静岡のフォロワーさんのお誘いで、彼女主催の『刀剣乱舞』本丸併せのために遠征してきました!

静岡に行くのは初めてではないものの、久々の遠征…!!

ちょっとドキドキしながら、鈍行で4時間ほどかけて静岡駅へ…。

 

駅ではフォロワーさんがお迎えに来てくれました…!

一晩彼女のおうちにご厄介になって、次の日の朝。

荷物を車に積み込んで、いざ出発!

 

撮影場所はとっても素敵な和室…!

メンバーは審神者(主催)一人、刀剣男士6振り。

そしてカメラマンさんとアシスタントさんたち。

私は小狐丸での参加でした。

f:id:asukatuduki:20191201222613j:image

 

撮影内容は審神者さんがあらかじめ考えてくれていたので、構図にのっとって撮影。

順番に撮影している間、手すきだった私と三日月宗近、そしてサブカメラマンさんは、連れ立ってとなりの公園へ。

そこでは丁度ちょっとしたお祭りをやっていて、なんと静岡県警が屋台を出していました。

パトカー乗車体験をしていて、わくわくノリノリの三日月さんにつれられて、私も乗車してきました。

 

f:id:asukatuduki:20191201222542j:image

f:id:asukatuduki:20191201222546j:image

三条警察だ!

そこのフェラーリの燭台切光忠、止まりなさい!

 

お巡りさんもノリノリで「衣装が汚れたらいけないから!」と言ってシートを拭いてくれたり、「助手席の方マイク持って!」とご指導くれたり。

いい記念になりました。

 

お借りしている和室にはお茶室も付いていました。

なんと事務所の方の優しいお計らいで、私たちもお煎茶を体験…!

刀剣男士姿でいただくお茶は、なんとまあ特別感慨深いものがありました…おいしい…。

素敵な練り切りまでいただいて大満足です。

 

和室が割とお庭から丸見えだったので、一般のみなさんにもたーくさん見られて緊張しましたが、なんとか無事に撮影完了。

とっても楽しい一日でした!!

 

 

さて。最後に私のドジを聞いてください。

 

帰りも鈍行で帰ろうと思っていたのですが、高速バスの方が安いことに気が付き急遽予約しました。

静岡駅発…のつもりで、駅までフォロワーさんに送ってもらいました。

静岡駅についたのは19:45頃。乗るバスは20:00発。

果たして乗り場を調べてみるも、20:00発東京行きのバスがない…。

あれ??と思ってよくよくチケットを見返してみると、新静岡駅の文字。

うっそ!!!!????とパニックになりつつ、新静岡駅の場所を調べてみたら、少々距離がありまして。走っても間に合うか微妙な距離。

さらに私は大荷物。キャリーバックと刀がかさばる…!

とっさに静岡駅内を突っ切ってタクシー乗り場へ!

のるが早いかタクシーのおじさんに、「新静岡駅までってどれくらいありますか!?」と聞いたところ、「歩いて10分、車で5分だねぇ」と言われまして。

その時点で19:50。大ピンチ。

事情を説明してタクシーを飛ばしてもらいました。

プロの巧みな運転技術によってなんとか新静岡駅に着くと、ちょうどバスターミナルに乗るはずのバスが到着したのを発見!!

人生で初めて「おつりはいりません!!」と言い。千円札を残してタクシーを飛び降り、なんとかバスに乗りこみました…。

 

考えてみたら、タクシー代とバス代で行きより交通費がかかってしまった…。

ただ、鈍行列車で行くよりもバスの方が比較的快適な旅だったので、結果オーライですね!!

 

そんなトラブルを起こしつつ、私の静岡遠征は幕を下ろしたのでした。ちゃんちゃん。

 

次は大阪行きたいな~。大阪のみなさんぜひ呼んでください♡

 

 

コスプレメイクサービスを行っております。 詳細はこちら↓

www.asukatuduki.work


 

コスプレに関する質問や疑問がございましたら、この記事のコメントかTwitterにリプライをいただけましたら、可能な限りお答えいたします。

また、コスプレメイクの依頼も受け付けております。

twitter.com

 

メールの場合、下記宛てに、コスネーム、もしくはハンドルネームを記載の上、ご相談内容をご自由にご記載ください。

remakeyou1@gmail.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

男性カメラマンが女性レイヤーから警戒されないために気をつけたいこと

どうも!好きなことを好きなだけやっている男装メインコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

実は私、カメラの方をメインでやっているアカウントがございまして。

そちらでフォロワーさんがトラブルに見舞われていたので、今回の記事を書きました。

 

「これからカメラマン活動していくのに異性とどうやってコミュニケーションとればいいのかわからん!

「何もしてないのにやたら女性レイヤーさんから警戒される!

 

そんなふうに悩んでいる男性カメラマンの方、結構いらっしゃるのでは??

そんな方々向けに、女性レイヤーとしての意見を織り交ぜつつ、いかに平和に活動していくかの参考になればと今回の記事を書かせていただきました。

ぜひ御参照ください。

 

 

ズバリ男性カメラマンは警戒される

コスプレという趣味は実にアンダーグラウンドな趣味です。

コスプレイヤーなんです」というだけで、アダルトな意味で取られることも未だに多々あります。

そんな勘違いをされているからなのかなんなのか、女性レイヤーはとにかく性的被害にあいやすいのが実情です。

 

「男性カメラマンと2人でスタジオ撮影に行ったら、服を脱ぐように指示された」

「撮影会でスカートの中を撮影された」

「イベントでやたらとつきまとわれた」

 

実はこんなのザラです

めちゃめちゃいます。

意外と思われるかもしれませんが、男装をしていてもそんな被害にあったりします。

そしてその加害者は、多くの場合男性カメラマンです

 

そんな目に合わないように、SNSでは注意喚起が飛び交い、女性レイヤーたちは身を守るために警戒心を強くしているのです。

警戒心が高まっている中に飛び込み、打ち解けるのはとても難しく、信頼関係を築き上げないことにはどうにもなりません。

 

 

平和に撮影するためには

SNS

自分語りリプライをしない

TwitterInstagramなどのSNSでの女性レイヤーの投稿に対して、自分事の報告はいりません。引かれます。

 

例えば、たまに「おはよう!」というツイートに対して、「おはよう!今日はショッピングに出かけてきます」なんていうリプライを送っている方を見かけます。

 

その情報いらねぇ!興味ないから!

 

ある程度仲のいいお友達ならつゆ知らず。いきなりそんなリプライ、送られた方も困ります。

コスプレイヤーはアイドルではありません。

多分アイドルでも送られたら困るけど。

 

来た瞬間に、「コミュニケーションが取れないやばい人」認定されます

 

突然のタメ口はNG

たとえ相手が年下であろうと、赤の他人と話す際にはネット上でもまずは敬語で入りましょう。

 

いきなりのタメ口は不快感を与える上、警戒心を煽ります。

「なんかいきなりこの人距離詰めてきたぞ???」と身構えられます。

 

「会おう」は軽率に言わない

いきなり「会おう」とリプライやDMを貰っても困ります。

「出会い厨かな??」と警戒されるのが関の山です。

まずはお話をして、仲良くなってからイベントや併せで会うようにしましょう。

 

撮影編

清潔感ある格好を

待ち合わせ場所についた時、待っていた人があまりに清潔感がないと、警戒レーダーがぐいっと上がります。

せめて、清潔感を持ってください……。

 

例えば。

1週間はきっちりお風呂orシャワーを浴びる。

服はボロボロでないものを着ていく。

髪型を整える。短くするなり、結ぶなり…。

 

対等な関係として接する

相手は歳下の女の子かもしれません。

それでも撮影をしている以上、対等な人間です。

いきなりタメ口だったり、やたらと距離が近かったり、ましてやボディタッチなんて言語道断です。

悪い意味はなくても、警戒する材料になります。

可愛いから頭撫でちゃった☆とかほんとダメですシャレにならん!注意喚起ものですからね!!

 

セクハラ断固NG

先程ちらっとあげたボディタッチはもちろん、思わぬ所でセクハラ行為になってしまう行為も多々あります。

 

基本的に女性レイヤーに触れることはNGです。

ウィッグや衣装の乱れは本人に声をかけて自分で直してもらうか、鏡を見せてあげてください。

どうしても直らない場合は、「直しても大丈夫?」と確認をとってから触れてください。

 

また、スタイルに触れることもNGです。

たまにいきなり「スタイルいいね」「胸おっきいね」「足細いね」なんて褒め言葉のつもりで言う方がいらっしゃるんですが、それは褒め言葉にはなりません……。

「再現度高いね!」などと遠回しな褒め方が無難かと思います。

 

「彼氏いないの?」「いつ結婚するの?」なんていう話題もNGです。

非常にプライベートでデリケートな話です。

そういう話は仲良くなってからするようにしてください。

 

 

まとめ

基本的に男性カメラマンは女性レイヤーに警戒されます!

細心の注意を払って接した上で、信頼を得て撮影を行ってください。

 

良い作品を作り出すには、カメラマンとレイヤーの協力が必要不可欠です。

マナーを守って、楽しい撮影をしましょう!!

コスプレのモチベーションが下がったら

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

以前こんな質問を受けました。

 

「綴喜さんは、コスプレのモチベーションが下がるようなことはありましたか?」

 

ズバリ言います。

めちゃくちゃあります!!!!

 

コスプレほど承認欲求を増幅させる趣味はないでしょうし、他人と比較する趣味はないんじゃないかと思います。

 

今回はモチベーション低下の理由と打開方法について私の考えを述べていきます。

 

 

 

モチベーション低下の理由

他人と比較してしまう

「あの人がやる○○、私よりかっこいい」

「あの人の写真、あんなにRTされてるのに私のは全然RTされない」

 

そんなこと考えたことありませんか?

私はめっちゃあります。

常にあります。

なんなら未だにあります。

 

私も万もフォロワーがいる大手レイヤー(?)ではないので、いいねやRTはそんなにつきません。

そんなとき、いわゆる大手のフォロワーさんが物凄い数RTされているとしょげかえります。

 

 

衣装がうまくいかない

衣装、ウィッグの製作中に「ああああこれじゃなかった!!」となるとき、モチベーションが著しく下がります。

生地の選び方を間違えた時、衣装の作りを間違えた時、ウィッグを切りすぎてしまった時……挙げていくとキリがありません。

 

 

とにかく時間が無い

仕事が立て込んでいる時など、やむを得ず前日作業をしなければならなくなった時、大慌てで切羽詰まって作業しているとふいに我に返ります。

 

あれ?私なんでこんなに一生懸命やってるんだろう??

 

スケジュール管理が上手くいっていない自分のせいなのですが、モチベーションが下がります……。

 

 

他人から批判される

これが一番メンタルにきます。

 

「そのキャラはそんな表情しない」

「衣装ボロボロじゃん」

「加工しすぎ」

 

RT先なんかでそんなことを言われていると、ガッカリしますしショックです……。

次回作へのモチベーションがどうしても下がります。

 

 

モチベーションを上げるには

よそはよそ、うちはうちと割り切る

どんなに素敵なお写真が上がっていても、人間は量産型ではありません。

それぞれのお顔に特徴があって、つくる衣装もメイクも様々。

他者の評価と自分の評価を見比べるのをやめましょう。

 

自己ベストを目指す

自分の中で、自分の評価軸でコスプレのレベルを上げていきましょう。

例えば、「今回はウィッグセットが上手くいったけど、アイメイクがいまいちキャラに近づかなかった」⇒「次回はアイメイクを研究してみよう」

他人からいいねを貰おうが貰うまいが関係ありません。

都度都度自己評価が上がればいいのです。

 

他人の意見を気にしない

他人に勝手に意見をすること。そもそもそんな権利はありません。

コスプレは好きにやっていること。他人が批評するものではないのです。

「そのキャラはそんな顔しない」と言われましても。お前の中ではな!!!と片付けましょう。

キャラの解釈は人それぞれ。自分なりの表現ができれば1番なんです。

 

ただし、捏造衣装だったり、公式とは違ったキャラ同士の関係性を匂わせるものは注意書きなどでワンクッション置いた方が無難です。

 

計画的に進める

コスプレに関してだけではありませんが、何事も計画的に進めることが必要です。

切羽詰まって行う作業にはどうしてもボロが出ますし、後後後悔することは目に見えています。

できることなら前日にはしっかり6時間は睡眠が取れるよう、調整して準備を行いましょう。

それがモチベーション維持にも繋がります。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

だれでもみなつまづく場面はあると思います。

そんな時、挫けずに続けることが肝心です。

 

無理はせず、自分のペースで、自分の気持ちを基準にやってみてくださいね!

 

 

acosta!AGFで『堀さんと宮村くん』同中トリオやってきた

f:id:asukatuduki:20191113042723j:image

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

先日の10日に、池袋のacosta!に参加してきました~!

丁度アニメイトガールズフェスティバル、略してAGFとのコラボ開催だったので、ものすごい人でした……!!女子に溢れておる……!

 

そんな中私たちがやったのは、昔懐かし『堀さんと宮村くん』の、宮村、進藤、谷原の3人組。

なかなかコアなメンツでした。

 

もうこの日は「男子高校生を満喫しよう」のコンセプトで行動。

 

まずはばくだん焼きを購入。

進藤はチーズが苦手なキャラなので、宮村と谷原でここぞとばかりにチーズたこ焼きを選択!

一方の進藤はというと、中の人がとうもろこしがダメで、たこ焼きはやめてたい焼きを買っていました。しかもチーズ。だめじゃん!

 

小腹を満たしたところで、次はタピオカ!

今どきの高校生なら抑えておかないとねタピオカ!

てなわけで、タピってきました!

f:id:asukatuduki:20191113043237j:image

満喫……。

 

さてさてそのあとはゲーセン!

懐かしのプリクラ機に3人で飛び込み撮りまくる!

今の子ってあんまり落書きしないみたいなんですが、そこはこの世代。ゴリッゴリに落書きしまくりました。いやせっかくならしてなんぼだろうと。

 

そのあとサンシャインの公園に戻り、スタバを決めて、のんびり撤収~。

意外とあっさりながら、密度の濃い時間でした……。

 

最後、スタバ飲んでるところで後ろから「あ、堀宮だ~」と聞こえまして!振り向いたけど声の主はわからず……!

めっちゃお話したかった……今からでもいいから名乗り出てほしいいいいい!!!

 

そんなこんなで、楽しい一日でした!

また堀宮やりたいなぁ!!